小さな声を聴く力!

ある日、京阪交野線・交野市駅を利用する市民の方から要望を受けました。それは、夜遅くに交野市駅から青年の家の前を通って帰宅する際、暗くてとても危ないので、照明器具を増やして欲しいというものでした。現地へ行き、実態を調査すると、確かに暗く危ない実態を把握。すぐに市民の声を交野市に届けましたが、市は財政的なこともあり、照明器具を増設することは、なかなかハードルが高く、実現は難しいとの返答でありました。

しかし、市民の安全を第一に考えると、あきらめるわけにもいかず、交野市と粘り強く交渉を続けるなかで、青年の家の玄関照明を閉館時の21時30分で消灯するのではなく、京阪電車の終電に合わせて深夜1時に消灯することであれば可能であるという代替案を引き出し、照明時間を延長することができました。

これからも、一人の市民の小さな声を聴き、市政に反映し実現をしていくことに全力を注いでがんばってまいります。

 

みうら美代子の実績集動画、ぜひご覧ください。

更新履歴

2019.10.8

ブログを更新

 

2019.8.30

YouTubeをアップ

 

2019.9.27

実績をアップ

 

2018.8.7

議会報告を更新

 

2017.5.24

市政報告を更新