3月6日 みうら美代子の備忘録②

入院・手術

8月25日に入院となり、手術前検査を含め、必要と言われた検査や処置はすべて行って手術に備えましたが、なかなか手術日が決まらず一旦退院。後日、手術日が決まり、9月30日に再度入院しました。
10月5日、「絶対に元気になる!」と誓って手術に臨み、心肺を停止させての8時間40分の大手術を無事に終えて病室に戻ってきました。
胸の正骨を20センチほど切っているので、術後しばらくはベッドから起き上がるのが苦しかったのですが、3日目には病院の廊下をぼちぼち歩き、痛み止めもほとんど飲むことなく順調に回復していきました。

 

退院、そしてこれから…

10月18日、当初の予定どおり2週間で退院することができました。手術は大成功でした。
今、私の大動脈弁はウシの弁がついています。弁の上方の大動脈の一部もビニールでできた人工血管になっています。
いつ死んでも不思議でなかった私は、再び健康な体となって生かしていただきました。一旦立ち止まり、熟慮できる十分な時間をいただくなかで、これから議員としてどうあるべきか、またこれからの自身の人生のあり方・生き方について向き合っている最中でもあります。
病院では多くの高齢者が入院し手術を受けて、一生懸命前向きに生きようとしている姿を目の当たりにしました。そこから、病院で命を救われた方々が、今度は、それぞれの地域や家庭に戻ったときに、「生きていて本当によかった」と思える自治体を作らなければ、また老若男女問わず、夢や希望の実現を応援できる自治体を作るためにどうすれば良いかと新たな目標を見出しました。
今回の病を通して、多くの方々に支えていただいて今日の自分があるということに改めて気付き、心から感謝しております。この気持ちを決して忘れず、これからも、少しでも人の役に立つ人生を全力でがんばる決意です。

今後とも、みうら美代子をよろしくお願い申し上げます!!

退院後、大好きな「いきいきランド」のミルキーウェイを散歩しました。

野のさわやかな秋を堪能しました。

更新履歴

2018.7.24

ブログを更新

 

2018.8.7

議会報告を更新

 

2017.5.24

市政報告を更新