みうら美代子のブログ

2019年

9月

27日

いきいきランド交野周辺の街灯について

「いきいきランド交野周辺のLED街灯が消えている」との住民の方のお声を聞き、現地調査。消えている箇所があったため、関係部署と連携をとり、修理・補修を行いました。現在、地下ケーブル損傷が原因で点灯してない箇所もありますが、引き続き改善してまいります。

2019年

9月

14日

R168天の川沿い交野市側の草についてのご意見

R168天の川沿いの交野市側の草が刈られていないとのご意見をいただき、ご指摘の場所に行ってまいりました。確かに交野側は草が酷すぎ、景観はもとより、運転しにくいのは一目瞭然です。

枚方土木に改善を強く要望致します!

2019年

9月

09日

2049票!

昨日の交野市議会議員選挙におきましては、皆さまの絶大なるご支援により、みうら美代子2,049票という大きなご期待をいただき、第3位で5度目の当選を果たすことができました。

誠にありがとうございました!!

本日から4年間、新たな気持ちで、ビジョンが実現に至るまでしっかりと仕事をして感謝の恩返しをして参ります。

2019年

9月

07日

最後の押し上げをよろしくお願いします!

交野市議選も最終日となりました。いよいよ明日が投票日です!

みうら美代子の実績は動画でもご覧いただけます!!(こちら

 

◎防犯灯をLED化することにより、市内がとても明るくなったと喜びの声をいただいています。

◎議員になった16年前、1回だった妊婦健診を10回12万円にまで公費負担額を引き上げることができました。また、医療費助成も中3まで引き上げることができました。

◎公立小で熱中症の児童が救急搬送されたことを聞き、直ちに教室にエアコンを設置するべきと提案。さらに特別教室へのエアコン設置も推進。公立幼稚園の預かり保育の推進も行いました。

◎近年、働く女性が多く、子どもを保育所に預けられない待機児童が多い。そこで、公立幼稚園の預かり保育を実現。また、認可外保育所で子どもを預けた場合の保育料助成制度をつくることができました。

 

◎地域の生涯学習でも使われている公立小学校の体育館。災害時の避難所としても使用されています。この体育館へエアコン設置を市に要望していきます!

◎フットサル場の設置など、若者がいきいきとスポーツできる環境を整備していきます!

 

交野市民のために仕事をする議員は誰なのかを、皆さんの確かな目で見極めていただきたいです!!

2019年

9月

06日

交野市議選あと2日!!

選挙戦6日目、あと2日となりました。今日は星田駅からスタート。

市民のために全力で戦います!

皆さまからのご支援をよろしくお願いいたします!

 

本日付の公明新聞に「明後日8日(日)投票日」として、交野市議選のことを掲載していただきました。

みうら美代子、大激戦です!

交野市の未来をひらくために、みうら美代子を押し上げてください!!

2019年

9月

05日

個人演説会

個人演説会を行いました。

交野市消費生活問題研究会会長の代永様より「交野市消費生活展に欠かさず参加してくれているのは、交野市議15名のうち、みうら美代子候補一人だけ。地域に根を張る人だからこそ数々の政策を実現できる」と今後の活躍に期待を寄せていただきました。

河原向井田区長からは、女優・杉本彩さんからの要望である動物愛護法案を紹介。公明党の政策実現力に感謝していることに触れ、「みうら美代子候補は、市の諸課題を実行に至るまで全力であたる姿が素晴らしい」と賛辞を送ってくださいました。

うつみ久子府議からは今日の大阪880万訓練の日にふれ、「いつか起こるかわからない自然災害に対峙していくみうら美代子候補は防災の知識も豊富。女性目線で市政に声を届ける政策実現のキーマンとしてみうら美代子候補を押し上げて欲しい」と訴えてくださいました。

杉参議院議員からは、「交野市を前進させたみうら美代子候補だが、交野市だけでは解決できないことは国に相談に来る。他党にはできない公明党のネットワーク力。その要は、市民の声を拾い続けたみうら美代子候補である」と強調していただきました。

2019年

9月

05日

選挙戦5日目

交野市議会議員選挙5日目の朝は交野市駅からスタート。

投票日まであと3日—どこまでも市民の声を聞きに行ける人に。市民の声を市政に届けます!そして、これまでの良い交野市をさらに開いていくためにも仕事をさせてください!!

2019年

9月

04日

個人演説会@寺会館

今夜も個人演説会を行いました。

交野市青少年指導委員会顧問の森本様からは「交野市の議員定数20人から定数5削減して15人にしたのは公明党であり、さらに公明党は自らの議席数を4人から3人に減らして、自らの身を切る改革をしてきた」との実績を紹介していただきました。

また、黒田市長は「市内小中学校の特別教室エアコン設置の財源確保のために、市・府・国と連携をとり動いてくれたのが公明党。交野の発展のために、党派を超えて人望のあるみうら美代子候補を当選させていただきたい」とのエールを送ってくださいました。

最後にみうら美代子より、今回のビジョンに青年政策を重点に置いていることを紹介。

①夜は暗い『いきいきランド』の外周を若者がジョギングしているが、もっと明るくならないかとの青年世代の声を聞いているので、外周のLED化を進め明るくしていきたい。

②交野市は自然が豊かにもかかわらず、キャンプには他市に行かないといけないという声を聞き、この交野市にキャンプ場設置や施設の充実を図っていきたい。

 

市民の皆さまのお声を市政に届け、全力で努力し、これまでの良い交野市をさらにひらいていく決意です!

2019年

9月

04日

選挙公報

交野市選挙公報に掲載をしていただいています。

議員に問われるのは、何を言ったのかではなく、何を実践したのか、何をしてきたのかです!投票行動の際、市民の皆さまの賢明なご判断をお願い申し上げます。

2019年

9月

04日

選挙戦4日目

交野市議会議員選挙4日目の朝は河内森駅からスタート。通勤・通学の皆さまにご挨拶させていただきました。

ハイカーの乗降が多い河内森駅。みうら美代子は、交野みちしるべマップ(※)やインスタ映えスポット掲示板設置、休憩施設誘致など、観光客にやさしい交野市をめざします!

 

※交野市は、登山客やハイカーが多く訪れるところです。ところが、案内掲示板が「少ない」「わかりにくい」「目的地までとどりつけない」などの声があります。そこでみうら美代子は、松山市の“日本一迷子にならない”をコンセプトにした『まつやま道しるべマップ』を参考に、交野市でも『交野みちしるべマップ』の設置を市に訴え、観光客にもやさしい交野市を目指してまいりまいります!!

2019年

9月

03日

個人演説会@さくら丘自治会館

本日、さくら丘自治会館で個人演説会を行いました。

交野市まちづくりボランティアの会・木谷会長より「小さな声を聴く力を持っているのはみうらさんだけ」と力強いお言葉を、鰐淵(わにぶち)衆議院議員からは「みうらさんは最後まで人に寄り添う誠実な人」とのお言葉をいただきました。

たくさんの方にお集まりいただき、感謝の気持ちでいっぱいです!

2019年

9月

03日

若者がいきいきと暮らせる交野市に!!

交野市内の公園には、フットサル競技場や「3on3(スリー・オン・スリー)」、スケートボード用ハーフパイプ施設などに代表されるような、若者が充分に体を動かすための施設がありません。また、キャンプ場はあるものの、自家用車を横付けしてキャンプを行うオートキャンプ場やグランピング施設などもありません。

若者や子ども連れの家族が、これらのことを実現をしようとすると、他市へ赴かなければならないのが現状です。そこで、広く交野市民に愛され、かつ健康な青少年を育成するためにも、交野市の施設内に、下記の遊具・施設の設置を要望してまいります。みうら美代子にご期待ください!
スケートボード用ハーフパイプ設置
3on3(スリー ・オン・スリー)設置
オートキャンプ場・グランピング施設設置
全面人工芝のフットサル場設置

2019年

9月

03日

選挙戦3日目

交野市議会議員選挙3日目の朝は私市駅からスタート!

通勤・通学の皆様にご挨拶をさせていただきました。野生鳥獣による農作物被害防止対策の推進、地産地消の推進で、農家にやさしい交野市をめざす「みうら美代子へ心からのご支援をよろしくお願い申し上げます。

2019年

9月

02日

選挙戦2日目

交野市議会議員選挙2日目の朝は河内磐船駅からスタートしました。通勤・通学の皆さまにご挨拶をさせていただきました。

実績ナンバーワン「みうら美代子」へご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます!

2019年

9月

01日

第一声を行いました!

交野市議会議員候補みうら美代子です。本日、交野市議選の告示となり、第一声の街頭演説を行いました。

皆さまからのお声に耳を傾け、たとえ何年かかってでも、着実に実行するみうら美代子へ、清き一票を投じていただけますよう、何卒よろしくお願い致します。

この1週間ご支援してくださる方々とともに、火の玉となって戦います!

皆さまの真心のご支援をよろしくお願い申し上げます!!

 

みうら美代子の実績はYouTube2019でもご覧いただけます!

2019年

8月

22日

所有者不明猫 手術費補助金制度を実現

耳先を桜の花びらの形にカットした「さくらねこ」。“さくら耳”は避妊・去勢手術をしたしるし。
耳先を桜の花びらの形にカットした「さくらねこ」。“さくら耳”は避妊・去勢手術をしたしるし。

所有者不明猫(いわゆる野良猫)の糞尿被害、夜中の猫同士の鳴き声がうるさくて眠れない、ゴミの散らかしなど、猫に関する悩みは様々です。反面、家に迷い込んだ猫がかわいそうで、エサをやったり、自費で避妊・去勢手術をしたりと、優しい方が何とか小さな命を守っておられました。しかし、次から次へと赤ちゃん猫が生まれ、個人で対応していくには限界がありました。そこで、同じ悩みを抱えるご近所の輪が広がり、野良猫の扱いについて相談に乗ってほしいと、私の自宅に数人の方が来られました。

お話を聞くと、ご近所の方が声をかけあって寄附金を集め、野良猫の避妊・去勢に頑張っておられるとのこと。成猫なら手術をしてリリースし、子猫の場合はすぐに手術ができないので、生後5カ月以上になるまで飼育してから手術をしてリリースするというのです。お話を伺い、これはボランティアや市民の皆さまに負担をお願いする問題ではなく、行政がやらなければならない問題であると市に訴えました。さらに、避妊・去勢手術に係る費用、件数など調査した内容を具体的に市に報告したところ、市も検討を進めてくれ、2016年8月より所有者不明猫手術費補助金制度が実現しました。

ボランティアの皆さまからは、「所有者不明猫手術費補助金制度ができて、野良猫の苦情が激減した」と大変喜んでいただきました。これからも動物愛護の心も持ちつつ、交野市が環境に良いまちとなるよう努力してまいります!

2019年

8月

18日

大阪市立大学理学部附属植物園

大阪府立大学理学部附属植物園は、珍しい樹木や草花を見ることができ、交野市民にとても身近な植物園で、生涯学習の施設としても活用されています。

この植物園、交野市内にありながら交野市民は有料、大阪市民の65歳以上の方は無料ということで、(交野)市民の皆さまから「こんなに良い施設があるのに、もっと行きやすくならないか」とのご要望を受けました。早速、同植物園の(交野市民)65歳以上の入園料無料化について議会で質問しましたが、市からは「財政的なこともあり、入場料を補助する制度の実現は難しい」との返答。粘り強く交渉するなか、市の職員も大阪市立大学に働きかけてくださり、交野市と大阪市立大学が包括連携に関する協定を結ぶことで、2018年4月から財政負担をすることなく無料化が実現しました。

植物園メイト制度』へ簡単な手続きをすることで65歳以上の方々が無料で入園できるようになり、ご高齢の方が気軽に園内散策をするなどして健康増進を図れる施設にもなって、市民の皆さまに大変喜ばれています。

これからも交野の観光資源を最大限に生かして、市民が生き生きと暮らせる街づくりを行ってまいります。

 

大阪市立大学理学部附属植物園65歳以上入園無料化の実績動画、ぜひご覧ください!

2019年

8月

16日

LINE@はじめました

みうら美代子のLINE公式アカウントを開設しました。

ぜひ友だち登録してください!

このブログをスマートフォンでご覧の方は、みうら美代子LINE@から友だち登録してください。ID検索[@159gekyq]でもご登録いただけます。

2019年

8月

05日

ブックスタート実現をリード!

ブックスタートとは、赤ちゃんの豊かな心と言葉を育むために、絵本を読み聞かする取り組みで、世界各国が導入しています。
このブックスタート、交野市でも2003年から健診時の読み聞かせの導入はしていましたが、絵本の贈呈までは至りませんでした。私、みうら美代子をはじめ公明市議団は議会でも質問し、粘り強く、絵本の無料贈呈の必要性を訴えました。すると、交野市でも検討を重ね、2015年から赤ちゃんの4カ月健診の際に、図書館司書による読み聞かせのあと、絵本が無料で贈呈されることになりました。
この読み聞かせを通して、親から子への愛情が強く注がれ、赤ちゃんが、すくすくと健康に育ってもらえるよう、今後も子育て支援に力を入れてまいります。

 

ブックスタートの実績動画、ぜひご覧ください!

2019年

8月

01日

小さな声を聴く力!

ある日、京阪交野線・交野市駅を利用する市民の方から要望を受けました。それは、夜遅くに交野市駅から青年の家の前を通って帰宅する際、暗くてとても危ないので、照明器具を増やして欲しいというものでした。現地へ行き、実態を調査すると、確かに暗く危ない実態を把握。すぐに市民の声を交野市に届けましたが、市は財政的なこともあり、照明器具を増設することは、なかなかハードルが高く、実現は難しいとの返答でありました。

しかし、市民の安全を第一に考えると、あきらめるわけにもいかず、交野市と粘り強く交渉を続けるなかで、青年の家の玄関照明を閉館時の21時30分で消灯するのではなく、京阪電車の終電に合わせて深夜1時に消灯することであれば可能であるという代替案を引き出し、照明時間を延長することができました。

これからも、一人の市民の小さな声を聴き、市政に反映し実現をしていくことに全力を注いでがんばってまいります。

 

みうら美代子の実績集動画、ぜひご覧ください。

更新履歴

2019.9.27

ブログを更新

 

2019.8.30

YouTubeをアップ

 

2019.9.27

実績をアップ

 

2018.8.7

議会報告を更新

 

2017.5.24

市政報告を更新